農場にお呼ばれ。

つい先日、Leoの産まれた農場で行われる、
年に一度のパーティーにお呼ばれになった。

IMG_0328

歩いて15分程。
右手に看板。

IMG_0337

そして、到着。
カーマファーム
”エコ キャンプサイト”

IMG_0340

夏はキャンプをしにくるゲストで賑わう田舎の農場。

IMG_0344

キャンピングカーでもオッケー。
もちろんテントを張ったりも。

IMG_0342

ちゃんとシャワー室もある。

IMG_0347

そしてワイワイと賑やかな声のする方へ行くと、
豪快に焼かれているメインの料理が目に入った!
(これより先の写真…苦手な方ご注意)

IMG_0355

“Hog Roast”
豚の丸焼きだった。

IMG_0361

ちょうど焼き上がったところで、

IMG_0363

100kg 近い重さの雄豚をグリルから下ろして

IMG_0366

どーん!と置かれた焼き上がった豚。
ここの農場で育った豚。

_MG_0382

イギリスではよくある光景。
それにしても、ぎょえぇ〜の迫力である。

IMG_0387

まずはパリパリに焼けた皮から剥がして、

IMG_0392

皿に盛る。
これが大人気のCracklingと呼ばれるもの。
焼く前に塩でも揉んでくれれば美味しそうなのだけれど、
見事に味付けなしであろうと思われる。

IMG_0399

若い二人が切り落としていく。

IMG_0395

他のゲストは特に誰もこの解体作業を、見に来ない。。
私一人、見物。。
それほど珍しいものではないのだろう。
私は見入ってしまっていたのだが。

_MG_0406

後ろを振り向くと、皆んな列を作って
テーブルに置かれたcracklingに夢中だった!

_MG_0407

パンとサラダ、そして豚。
味付けはケチャップやマヨネーズなどで
自分で好みの味にする。。

_MG_0417

私が豚に見入っている間、
LeoとLunaは見知らぬ人たちに囲まれて、
水を飲ませてもらっていた。
どうもありがとう。

_MG_0428

パリッと焼けた皮が人気なので
どんどん追加の皮が用意されていく。

_MG_0443

豚1頭は、何人前なのだろう?
すごい行列になっていたので、最後の方でいいやと
待っていたら、もうすでに私の食べる分はもうなかった。。
ワインでもいただきましょうか。

_MG_0430

ドリンク置き場のテーブルは手作りなので、

_MG_0432

気をつけないと、倒れる。

_MG_0436

そんなすぐ横には、
どんと置かれた、古いトラクターがあったりする。

_MG_0440

飾ってあるというより、
放置されたままのような気がするが、
手前に何やら書かれたボード発見。

_MG_0437

トラクターの名前や年代などが書かれていた。
ということは、ディスプレー用なのだろう。

_MG_0438

その真横にトイレ。。
ああ、そうだ!
Leoのお母さんとおばあちゃんに挨拶に行こう。

_MG_0552

Pippa、Leoのお母さん。
久しぶり〜。

_MG_0493

Leo真ん中。
白っぽいのがおばあちゃんのCharlie。
もう、この後は動きまわる犬たちにシャッターが切れず。
Lunaはちょっと離れて待機。
しばらく遊んだ後、皆のとこへ戻ると、

_MG_0561

見事に豚1頭、ご馳走様でした〜の状態になっていた。
食べ物への感謝の気持ちを実感。豚さんありがとう。
日も暮れかかった頃、そろそろお開き。

_MG_0685

すっかり暗くなる前に、帰りましょう。
それではまた〜。




ブログ村ランキングに参加してます。 応援してくださる方クリックよろしくお願いしま~す。

You may also like...

2 Responses

  1. ちえぞう より:

    何とも豪快ですね。変に着飾った感じがなく、なんか好きだな~最近は何をするにも小奇麗で・・・素朴万歳!

  2. shizuka より:

    ちえぞうさん。ほんとにそうですねえ。着飾った感じがなく、いたってシンプル。はい、素朴万歳!!